M字はげの発症年齢についての解説記事です。

 

M字はげと言えば中年男性に多くみられる症状として知られていますが、AGAと呼ばれる進行性の薄毛の症状の中でみられる特有の薄毛パターンのことで、40歳を超えてから現れる場合の薄毛については大抵がAGAによるものになります。

 

しかし、M字はげは若年化が進んでいるとも言われており、早い人だと20代や30代でもAGAの症状が見られ薄毛が進行してしまうこともありますが、若年化が進んでいる特徴もあります。

 

若年化が進んでいる理由としては生活習慣の乱れが深くかかわっており、生活習慣が乱れることによって健康的な頭髪が生成されにくい状態をもたらすといわれていますが、早い場合だと10代から薄毛の症状に悩みを持っている人もいます。

 

M字はげになると明らかにAGAの症状になるので特に若い人だと恥ずかしい気持ちなども大きくなり、中には人と顔を合わせることすらも億劫になってしまうようなこともあるくらい深刻な悩みになることもあります。

 

M字はげに効果がある育毛剤の中には若年層の人が使用できるタイプもあるので、これを購入して使用することによって薄毛の症状を軽減することができますが、進行性の薄毛になるので育毛剤も使い続けないと効果がなかなか出てこないので注意が必要です。

 

また、薄毛になって悩むとそれがストレス物質を作り出し、さらに頭髪や頭皮に悪影響を与えてしまうという悪循環のモードに陥ってしまうことがあるのでそうならないようにするためにもしっかり改善する必要があります。